FC2ブログ
まいにちいきるこのせかいとにくたいにとらわれたこのじぶんはいったいなにもんなんじゃーというのをさがしていくひびをつづる

ミドリノスタチオ *midorinostatio blog

オレンジ
オレンジ夕焼け

岐阜から広島に戻り

この夏、初めての茜色



岐阜では夏の終わりが近付くと

夕方、毎日のようにオレンジに染まる空の変化を楽しめました



広島の空も、きっとまた

ちがった形のちがった色の移ろいを見せてくれるのでしょうね



一日わずか数分の、贅沢な楽しみ方・・・
スポンサーサイト
| 空と空気版 | 20:00 | トラックバック:0コメント:0
ねむのき
ネムノキ900x600-10

この季節は、ネムノキが満開の頃



夜になると、

葉っぱが閉じて「ねむ」ってしまう



だからネムノキ。



そういえば、
[ねむのき]の続きを読む
| 空と空気版 | 00:00 | トラックバック:0コメント:0
ゆく先
クリマ 夕焼け大木を貫通す900x600-10

これまでに、何千枚と空の写真を撮っただろか。

ありのままの色が出てくれたのは、このときが初めてだった。


>ポジフィルム、スキャナ取込、色調補正なし
| 空と空気版 | 13:00 | トラックバック:0コメント:0
空写真を久々に
薄青空900x600-10

この画、いつどこでどんなタイミングで撮ったのか、まったく覚えてないw

ゆーたいりだつした人が撮ったのか・・・笑

こゆうことって、あるよね!!?
| 空と空気版 | 14:00 | トラックバック:0コメント:0
Grand Canyon Salmon Pink
サーモンピンクの積層 047_900_(C)_10
色めき輝いた‘瞬間’の艶とコントラストは

あらゆる場所と時間に存在するわけではない


刹那の狭間に一滴の雫のようにこぼれ落ちることもあれば

その雫を成す水の粒子が「結晶する」までの長い時間に見られることもある


このサーモンピンクの積層のように

生きている時間とは、雫の姿になるまでの「蝟集」なのかもしれない

・・・いずれ・・消えゆく・・・この姿・・・



サーモンピンクの積層 031_900_(C)

すべての事象・感覚・存在を

たった一色に染める空気感



流れゆく時間

時間を、「距離」として、「空間のスパン」に置き換えることができる唯一の空気感


・・・それは、自分というこの小さな存在には計り知れない
広大かつ雄大な宇宙に内包されている天文学的な世界観



大きさという単位で流れゆく時間が異なるのなら

カオスの一部分が、切り取られた空気感の片隅を反映している



空気って、一体なんだろう??


・・・


ミカンボーイズ 025_900_(C)

マチュピチュに行ってみたくなった


栄華の時代

それはどんな色の空をしていたんだろう・・・



夜の風のにおいを味わってみる

目を瞑って、深く、深く、「空気」を飲みこんでみる


その空気に、まるで宇宙の一部分の要素を探し求めるみたいに


IMG_5794_900_(C).jpg


この掌に、きっときっと宇宙は溶け込んでいる

目に見えない‘空気’みたいに・・・
| 空と空気版 | 22:33 | トラックバック:0コメント:0
淡よくば


空を構成する要素が

大気と水と圧力だけであるならば

そこはまるで、死んだ海の中の舞台のよう・・・


だからつまり、‘光’にも、

鮮やかな要素と、闇に帰属する因子が、

互いに、「緩衝し合う」瞬間があるんじゃないだろうか・・・
| 空と空気版 | 19:00 | トラックバック:0コメント:0
支えてもらっている
元気なときもあれば元気じゃないときもある。
でも元気なときはなかなかそのことに気付きにくい。

身と心。
両方の歩調がそろってはじめてそれが健康。

yamiyo.jpg

迷ったり困ったりしてもいつもだれかに助けてもらっている。

支えてくれる友達やみなさまがた、ありがとうです。
| 空と空気版 | 23:00 | トラックバック:0コメント:0
誕生日
1年を1ダースで割ってその6コ分が半年。
1年に11回しかやってこない特別な日の、さらに2回がもっと大切なとき。

夏の半年後は冬。春の半年後は秋。
今日、5月30日の半年後は11月30日。

1年をどこで割るかが大切なんじゃなくて、割ってみたらきれいに真っ二つになっていることってなんだか不思議ですっごく素敵~☆

530_900img.jpg

今日は新しいスタート
霧雨が蕩けて包み込む初夏と晩春の香り。

季節は移ろいでいます。
誕生日おめでとう!!
| 空と空気版 | 21:00 | トラックバック:0コメント:0
日々ねんげつ


駅まで歩く途中、ふと「ゆず」が聴きたくなった.
今朝は5月の空をしている.

8時5分を指して止まったままの腕時計を、
今日は久しぶりに着けている.

ふと時計のダイヤルを回して
日付を何日も何日も巡ってみたくなった.

今日はいったい何日なのだろうか…
携帯を見る. 5月21日 月曜日.
そうか、今日は5月21日か…

軽い微熱のせいだろうか.
淡い記憶とこの青い空. そして甘い呼吸.

何日も、何日も、何日も、毎日を生きてきたようで、
たった2年しか経っていない.
何日も、何日も、何日も、毎日を生きてきたなんて思わなくとも、
もう2年という時間が過ぎている.

ゆずの曲は色褪せることなく、
ずっと、ずっと、同じメロディーを届けてくれる.

思いっきり回していた時計のダイヤルを、パッと止めた.
時刻は相変わらず8時5分のまま、日付だけがちょうど21日を指して止まっていた.


############################
上の写真は、岐阜の思い出のアパートから
夏の終わりによく見れた夕焼けです。

タイトルは「焼」。2005年度の岐阜大学祭「環境フォトコンテスト」にて「特選」を頂きました。ありがとうございました。

600Lowdata.jpg

############################

岐阜に来て、だだっ広い平地と空の下で毎日を過ごしていたらある日突然、空が好きになっていました。やっとで買えた安いコンパクトデジカメを持って、いろんな山や建物の屋上から空を見上げては、岐阜の空の美しさに感動していました。

時には空を見上げて涙したことも…

この写真を撮った次の日に、プロフィール写真の淡ピンクの空に出くわしました。そのときは時間がそこだけ全く違っていたのです。空全体がこの広い大地に迫って下りてくるような、やわらかなうすい空気がそこにはありました。空に包まれること、、、出逢えるときは数少ないですが、空はいつも高いところから見守ってくれています。
| 空と空気版 | 20:00 | トラックバック:0コメント:0
23日
今朝、ものすごく不思議で怖い夢を見た。
現実の境目にいるのかいないのか微妙で曖昧な一日だった。
現実の定義は自分しかできない…
sky2222

大好きな空を一枚。

夢の内容は、、、
[23日]の続きを読む
| 空と空気版 | 22:45 | トラックバック:0コメント:1
| ホーム | 次ページ

プロフィール

少年

Author:少年
感激感動感謝感性!
・好きなこと山と川の冒険
・シルクスクリーンでTシャツをつくる
・分解と改造
・考えること
・手をうごかしてものを作ろう

最近の記事
ブログカテゴリー
LINK(あいうえお順)
最近のコメント
今月の記事作成日

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ
過去の記事
ブログ内検索

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
タイトル:
本文:

ブロとも申請フォーム