FC2ブログ
まいにちいきるこのせかいとにくたいにとらわれたこのじぶんはいったいなにもんなんじゃーというのをさがしていくひびをつづる

ミドリノスタチオ *midorinostatio blog

この人生は何回目??
前世のこととか、死後の世界とか、そんな‘未知の領域’のことははなはだ分からないけど、もし輪廻のように「何回目かの人間」をやっているとすれば、思うに7・8回目なんじゃないだろうか・・・

クルマの免許を取って1年目は、ハデな初心者マークをつけること…きっと「1回目」の人生なら、何かしらその人生の「運転スタイル」で、たとえマークがはがれてても見る人が見たら分かるハズ。

だからって、こう考えたからって、自分は初心者ではない、なんて言えたギリじゃないかもしれないけど、自分に与えられた‘精神の課題’を、‘己の魂と向き合って’いると、何度もリベンジをしている「人生の中堅ドライバー」ぐらいなんじゃないだろうか・・・なーんて。

宗教なの??みたいな話になっちゃうけど、説法するつもりなんかじゃなくて、とある話を聞いてみると、魂が肉体に宿ってカタルシス(=浄化)されるまでには、何回も、何回も、「人生」が必要らしい。

いや、人生のベテランなんです、とか、年齢はどうあれ魂は先輩なんです、なんて傲るつもりじゃ決してなくて、ただ単純にこの「何度目かの肉体」に生まれて、深々と考えてみたら、あと自分がこの世界で‘鍛えなければならないこと’が、かすかに、ふわっと、見えたような感じたような・・・・・一瞬だったけど、その「取り組むこと」に今、出会えたような気がした。

無事、魂が天国へと浄化されますように、な~んてそんなたいそうなこと、毎日もんもんと考えたりなんてしてはないけど、みんな誰もが一瞬ぐらいは考えることだろうし、「結論」や「答え」なんてそんなごほうびみたいな立派なものが用意されてるかもなんて期待すらしないけど、あるときにフッと感じることぐらいあるのかもしれないね。

まぁなんだかんだ肉体ありきで精神はあって、感情ありきでそれが自分の行動だったり表情になったりとカタチに現れる。この‘仕組み’も、結構「味」があって、すごく好きだよ。

人間に生まれたから、「見えたもの」や「見つけられたもの」があるんだろうね。何回目だろうと、生まれたことを‘カミサマ’に感謝だ。・・・って、「神様」なんて、そんなもの信じちゃいないけどね~ アッハハハー
スポンサーサイト
| 思ったこと感じたこと書きます | 21:09 | トラックバック:0コメント:0
久々のこの感覚
ただただ、物事の真理を突きとめたい

そこには善も悪も見栄も意地もなくて、
ただただ、真実だけが普遍的に存在する

その「真実」を探す世界
そこには、好奇心と発見が、あっちへこっちへ右往左往している

ただただ、現象が、少しずつ紐解かれてゆく・・・

・・・ふふふ、少しワクワク、嬉しくなってきましたヨ☆
| 思ったこと感じたこと書きます | 00:22 | トラックバック:0コメント:0
山小屋だよ~ の写真
3月7日に、山小屋「西日庵」でしし鍋とシカ肉のファイア~したときの写真たち

※今回、写真は一緒に行ったリキくんからお借りしましたにょ
 (リキのブログ「Rstation」はコチラ~

しし鍋_01
前日まで大雨だったのに、天気に恵まれて最高!!

しし鍋_02
初体験のシカのお肉 in 味噌だれ ~ マジうんめぇ!!!

しし鍋_03
燃料はいつも丸太なのであります

しし鍋_04
まるで宝石!美しい色合い・・・

しし鍋_05
シカ肉はけっこうレアのほうがおいしい!!
甘いレバーみたいな口溶け☆

しし鍋_06
火遊び大好き少年

しし鍋_07
そんでもって、先生のお母さんが作ってくださった「しし鍋」!
おいしいんだなぁ これが~ 芯から温まる・・・

しし鍋_08
山の緑や水面の色も、真冬のものとは少しずつ違ってきている。。
春はもうすぐもうすぐもうすぐかなぁ~

しし鍋_09
山小屋「西日庵」の名前の由来・・・
西向きに開いた突き出しの扉から、奥深くまで届く西日を楽しめる空間~

しし鍋_10
山小屋づくりのメンバー久々に大集合!
2年間お世話になった先生に感謝の気持ち

・・・ってまだまだ山小屋ストーリーは、これで終わりでないのでアーール!

嗚呼、夏が待ち遠しいぜ~ フッフッフ・・・
西日庵を拠点にして、川遊びと川遊びと川遊びと川遊びを楽しむのでござーるー!!
| 絵日記 | 15:59 | トラックバック:0コメント:0
山小屋だよ、全員集合~!笑
2009年の山小屋ストーリー 第一弾!

久々に、山小屋「西日庵」に名古屋からはるばるクルマ3台で、
「しし鍋&シカ肉パーティー」
に行ってきたよー!!イェイ!

前日までの豪雨がウソみたい!空はスカイブル~!そして、暖かい日差しと、やわらかい風!最高のお天気に恵まれて、一緒に山小屋を建てたメンバーと、お肉&お肉パーティー!

メインディッシュ・・・先生のお母さんの愛情たっぷり手作りしし鍋と、お父さんが撃ったシカの肉をみそ漬けにしたとろ~り串焼き!ヒロリンさんが持ってきてくれた、鳴門金時さつまいも in アルミホイル
…ア~~ンド、それらを包み込む我らがエネルギー源・白ごはん!


ねぇねぇ、

お肉って、なんでこんなにおいしいの????? 笑!

・・・アミの上からしたたるお肉の脂のその内側から・・・溢れ出す「肉汁」が一滴、ぽとんっと炭にたれ落ち・・・真っ赤に火照った炭と炭の間を駆け抜け、跳ね上がり、はじけ飛んで・・・一瞬のうちにその姿を煙へと変貌させながら、上昇気流に便乗して渦を巻き、鼻の奥深くまで届く、この「かほり」・・・そしてそして、舌の上で踊るやわらかな一枚のお肉は、やがて口の中の体温にまでゆっくりと落ち着き・・・とろけ出る濃厚な味わいは味覚の器官と絶妙なまでのシンクロでミニマリズムしてゆくあの・・・瞬・間・・


♪子どもだって ・ ・ ・ ・ ・ クゥ~~~

    ほわぁ うめぇ 

初☆シカ肉!
こんなにまろやかなんだ!!
お肉本来の・・・甘み!!


<本日のおさらい~そしてぇおれたちはここに落ち着くー! >
とにかく!時間を一緒に過ごした仲間と、こうしてみんなでワイワイやるのは、ホント楽しいもんだなぁ~ みんなー ありがとうー!
| 日々のごちゃ話 | 23:27 | トラックバック:0コメント:0
人生は・奇しくも・補完的
<覚え書き>

足りないものを何かで補う。
補完的な写真なら、ファインダーで見つめた、あの頃のあの「世界たち」は、いったいどこへ行くの??

足りないものを探してみる。
きっとどこかに残っているハズさ…
なんて…雲を掴むのか、煙を掴むのか、いやデータを掴むんだ!!
どこぉ……

固体から気体になることを「昇華」という、だって。ははは、笑わせてくれるさ。

Lost >D
50年ぶりの炭都・CONTAX完全詳解・未現像CR2・光のなんでや?を調べるための画像・結婚式・夕焼け・郡上八幡・あかりアート・てぅるりんな花・岩作の夕焼け・片平の探検・岐大祭・為三郎記念館・コンペ作品展示会・クリマ17・起こし絵・根尾川・レイラの三娘・ひまか島・暑いのでぶらりピンクの花・大山・いぬ・ねん土・長良川・関・ブラジル料理・かぐやフットサル・富士山の原版・栗と古戦場の百日紅・カエル谷汲・風和の姿撮り
| 日々のごちゃ話 | 00:42 | トラックバック:0コメント:0
今日はヘンな日
なんだか、生きてる「感覚」がおかしな一日


肉体に精神が入っていて(在っても)も、どこか、その‘鎖’が曖昧な関係


身体が欲するものが、いつもとちがっている。同じ食べ物…であっても、どこかに感じる違和感


まるで、晴れて残ったままの水たまりに、生ぬるい炭酸飲料がどこかしら湧き出してきて、使い古した絵の具が混ざり合い、濁り、元の色にたどり着けなくなったときの、褪せた、淡い、鈍い空気みたいに


手に擦り傷を負っても、それが本当の自分の肉体なのかすら、もはや判断に悩む始末。痛みは、血となって流れ落ちてはいるのだが


あるいは、「記憶」が単純な‘情報’であるなどと思わなくとも、感じてしまうその不自然さ


「何」が、時間を一時停止させているのだろうか


紅色の水彩絵の具は、ガーゼという広くはないキャンバスに染まり込み、色褪せの手引きを示し始める頃合いをほんのりと感じさせる


肉体の感覚器官は物質的な代替えを媒介して、その現状をどこかに投げかけている。受け止める矢先が自己にとって無二の間柄なら、精神は不完全一致を排斥し、その呼びかけに間を入れず適合する


その「鍵」は、回るときと、動かないときがあるのかもしれない


どの色を寄せ集めても、「純粋な白」から徐々に遠ざかってしまうのなら、肉体から溢れるこの真紅の液体の奥行きは、手が届くほど浅いものではなく、意図しない瞬間の背後を流れる旋律すら簡単に内包しうる条件を備えることになってしまう
| 思ったこと感じたこと書きます | 21:30 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

プロフィール

少年

Author:少年
感激感動感謝感性!
・好きなこと山と川の冒険
・シルクスクリーンでTシャツをつくる
・分解と改造
・考えること
・手をうごかしてものを作ろう

最近の記事
ブログカテゴリー
LINK(あいうえお順)
最近のコメント
今月の記事作成日

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
過去の記事
ブログ内検索

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
タイトル:
本文:

ブロとも申請フォーム