FC2ブログ
まいにちいきるこのせかいとにくたいにとらわれたこのじぶんはいったいなにもんなんじゃーというのをさがしていくひびをつづる

ミドリノスタチオ *midorinostatio blog

自分の直感
感じる、ってことは即ち、「感覚」だからこそ、辞めたら止まる。

自分が「コレ」と感じたものとは、その時点で「縁」としてつながっている。



人の意見は大切。

ただ、「答え」ではない。



生まれも育ちも経験もちがうから、

人間の、生き物としての「直感」に出会ったら、

決して素通りしてしまうべきじゃない。



そして、そのタイミングを「瞬間」として見逃してしまったら、もう感覚は鈍っている。




思い出せ



記憶に切り取った鮮明な映像と、風に乗った音と空気




だから、自分の好きなことは忘れない。

場所も・季節も・景色も・人も
スポンサーサイト
| 思ったこと感じたこと書きます | 23:02 | トラックバック:0コメント:0
みつリンゴならぬ、みつキウイ!
kiwi30.jpg

あけてビックリ、たまて箱・・・

…じゃなくって、

あけてビックリ、たまってる!!

キウイの芯の中にゼリー状の「みつ」がっ!!!

甘酸っぱい、とはこゆうことね
| 絵日記 | 23:41 | トラックバック:0コメント:1
無味
腱鞘炎の左手首

しびれる指先


ミドリノスタチオブログのタイトルに書いたとおり、

この肉体は、ただの「乗りもの」



突き抜ける感性、それは、不意に訪れる客人のよう



この目で見る世界を矩形に切り取ることは、

それ自体、主観的な目論見に徹すること



まるで、煎れ立てのマンデリンの薫りのように、

スーッと立ち上りやわらかく消える無形のフィルター


印画紙には、味も、香りも、噛み堪えもなく、

ただ、本当の意味の「味わい」が滲みこんでいる




中学の時のこと、

部活の練習中にサッカーゴールのポストに思いっきり左肘をぶつけた


肘を打ったときのビリビリ感がいつもより強烈で、

気付いたら肘から先の左手が全く動かなかった



1ヶ月間、神経が切れたまま、ただぶら下がっているだけの自分の左手



音楽の授業で、リコーダーのテストがあった

吹けるはずもなかった・・・


見た目には正常な状態

でも、「乗りもの」はそのとき故障していた



古い傷が「客人」なら、それはあまり向かい入れたくない存在



けどそれは、自分自身が意図してコントロールできる範疇になく、

色褪せた写真をフッと見て呼び起こされる当時の感覚のよう



痺れた左手には唯一その場所だけ、10年もの、長く開いた時差を

ようやく埋めようとする「乗りもの」の記憶が、時を遅れて流れ始めている
| 思ったこと感じたこと書きます | 22:21 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

プロフィール

少年

Author:少年
感激感動感謝感性!
・好きなこと山と川の冒険
・シルクスクリーンでTシャツをつくる
・分解と改造
・考えること
・手をうごかしてものを作ろう

最近の記事
ブログカテゴリー
LINK(あいうえお順)
最近のコメント
今月の記事作成日

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ
過去の記事
ブログ内検索

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
タイトル:
本文:

ブロとも申請フォーム