FC2ブログ
まいにちいきるこのせかいとにくたいにとらわれたこのじぶんはいったいなにもんなんじゃーというのをさがしていくひびをつづる

ミドリノスタチオ *midorinostatio blog

37458リピート
幻想をみた

うん、あれはおそらく…たぶん…きっと…幻想

その半分は聞き覚えのある声

その半分は記憶にない声

確かめていない「答え」なら、偶然の重なり、と考える、ことにした…い…


RADWIMPS37458が繰り返し耳の中を回流する

あの頃の記憶をたどるように・・・


ロクに噛み砕けない目の前の幻想

噛み堪えなんてない。

うまく噛めない。親知らずを抜いたときのように。

味もにおいもない。何年前の空気…それは…これは…本当なのか…


自分はどうしたいんだ・・・

どんな幻想(現実?)なら納得できるんだ…

そう。答えは幻想。

確かめてないなら、「確」実じゃない。


でも・・・


いや…最後まで分からない

忘れることなんてしなくていい

生きていけば、自然と収まるようなカタチに風化してくれる。

そんな特技が人間には備わってる、さ。


…青いな、おれ。


<記憶の結界のための覚え書き>
・重くて甘い空気が存在するときは、精神の神髄を探ろうとするな
・背後に迫る記憶のグレーゾーンの「気」を感じるときは、神経の集中とその流れを指先に持ってくる
・イメージとは眼というフィルターを通っている。意識の介入有無はさておいて、情報の書き換えは自分でできる
・困ったら頼ること。反発して強がると引き込まれる。光と陰は合わせ鏡。色でも音でも味でも、いつどこかで見てきたものなら必ずいつか記憶と合致できる。必ず。

=====
記憶の時間と、現実(肉体)の時間が、並走しない瞬間がある。

記憶が現実を引きとどめる。

子どもが、「歩くのちょっと待って」って言うみたいに。


うまく交錯できないときの前兆は、少しだけ眠くなる。

心がそういうなら、肉体は「待って」にうなずいて、休んであげる。

少し寝る。

お互いの歩調が合って、はじめてうまく歩ける。

ゆっくりでも、どちらかが少しくらい立ち止まるときがあっても、長い目で、前進できていくならそれでいい。


記憶にはいろんな種類があると思う。

音やにおいや味に直結した記憶。

フッと呼び起こされる類の記憶は、きっと使ってる記憶の領域が大きい。

そして普段あまり使わない記憶である分、かかる負担も大きい。

たぶん、そんな気がする・・・


重くて‘甘い’空気があるときは要注意。

甘い、とは「におう」の意。

五感が一瞬捉える、ビリビリ「感じる」冴えた空気は、記憶と身体の境目にある結界。

意識は、精神と肉体の中立者になって、双方を客観的に、浅く、ゆるく、コントロールするのが無理をしない手段。

困ったら、考えずに逃げてもいい。

時間にしか解決(←この場合、なんとか落ち着くところへ落ち着く、という折り合い的な解決)できないことはたくさんある。

考えすぎることができる瞬間は、同じ時間であっても、時間の流れを「濃く」使いすぎて、心も体も酷使している。

「心」と「体」

「精神」と「身体」

時には、同じ曲をリピートしているような、フシギな時間の流れがあってもそれはそれで得ているものがきっとある。

無駄ではない。間違いなく、「前進」。

今日も、一歩、歩けた。

おやすみなさい
スポンサーサイト



| 思ったこと感じたこと書きます | 22:44 | トラックバック:0コメント:0
自分の好きなことをやるということ
山の珈琲

紫陽花の季節の渓谷


自分の土地と場所に合った色を奏でて、

自分らしく輝いているアジサイ。



せせらぎの音と、

舞い踊る霧の粒子を浴びに、

板取川の源流へと足を運んだ。



気に入った流木を見つけた瞬間、

突然の雨。



空の表情は、一瞬で変わった。



渓谷に流れる音楽は3種類だけ。


水の音色と、

鳥のさえずりと、

葉のささやきだけ。



時に雷鳴が響けば、

それは四重奏となる。



急に襲ってきた眠気。

普段とはちがう優しい空気に包まれて、

いつの間にか深々と眠った。



起きたら汗をかいていた。



心地いい夕方の風が、

目覚めの合図とばかり

少し強く吹いた。



さあ、自分の好きなことをする時間。



湯を沸かし、珈琲豆にゆっくりと注いでゆく。

とても贅沢な時間。



たった一杯の珈琲が、

寝起きの渇きを潤し、

汗がひいてほんの少し肌寒くなった体を、

温めてくれた。
| 絵日記 | 21:29 | トラックバック:0コメント:1
| ホーム |

プロフィール

少年

Author:少年
感激感動感謝感性!
・好きなこと山と川の冒険
・シルクスクリーンでTシャツをつくる
・分解と改造
・考えること
・手をうごかしてものを作ろう

最近の記事
ブログカテゴリー
LINK(あいうえお順)
最近のコメント
今月の記事作成日

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ
過去の記事
ブログ内検索

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
タイトル:
本文:

ブロとも申請フォーム